RAD Studio
内容インデックス
前へ上へ次へ
フィルタを使って編集する

ほとんどの場合,データセットのレコードのうち,アプリケーションの操作対象になるものはほんの一部です。たとえば,顧客データベースの中のカリフォルニアを拠点とする会社のレコードだけを取り出したり表示したい場合や,特定の項目値セットを持つレコードを見つけたい場合などです。このような場合,フィルタを使用すると,アプリケーションがデータセット内の特定のレコードだけにアクセスするようになります。 

単方向データセットの場合,データセット内のレコードを制限するには,データセット内のレコードを限定する問い合わせを使用するしかありません。TDataSet のほかの下位オブジェクト場合,取得済みのデータに対してそのサブセットを定義できます。アプリケーションがアクセスするレコードをデータセット内の特定のレコードだけに限定するには,フィルタを使用することができます。 

フィルタは条件を指定し,その条件に一致するレコードだけが表示されます。フィルタ条件は,データセットの Filter プロパティで指定することも,OnFilterRecord イベントハンドラに記述することもできます。フィルタ条件は,指定した数のデータセット項目にインデックスが付いているかどうかにかかわらず,これらの項目の値に基づいて設定されます。たとえば,カリフォルニアを拠点とする会社のレコードだけを表示するには,State 項目の値が「CA」であるレコードを探す単純なフィルタを使用します。

メモ: フィルタはデータセットで取り出したすべてのレコードに対して適用されます。大量のデータをフィルタにかける場合は,問い合わせを使ってレコードの取り出しを制限するか,インデックス付きテーブル上で範囲指定をする方がフィルタを使用するよりも効果的なことがあります。
以下のトピックで,フィルタの操作方法を説明しています。

Copyright(C) 2008 CodeGear(TM). All Rights Reserved.
このトピックに対する評価をお聞かせください フィードバックを送信