RAD Studio VCL リファレンス
内容インデックス
前へ上へ次へ
AnsiString クラス

System::AnsiString は、Delphi の long 文字列型に相当する C++ の型です。

Pascal
AnsiString = class;
C++
class AnsiString;

dstring.h

Delphi では、複数の文字列型を使用します。最も重要な型は long 文字列型(通称 System::AnsiString)です。この型のサポートには、以下の機能があります。 

使用可能なメモリと同じ大きさの文字列 

共有参照を介した効率的なメモリの使用 

現在のロケールを基に文字列を評価するルーチンおよび演算子 

System::AnsiString という名前が付いていますが、ANSI 文字セットとは限りません。これは、現在のロケール定義でサポートされているものであれば、マルチバイト文字セットを含むどのような文字セットでも使用できます。 

初期値が代入されていない System::AnsiString 変数には、長さ 0 の文字列が格納されています。 

C++ ストリーム演算子(<< および >>)で System::AnsiString を使用するには、system.hpp の前に iostream をインクルードし、AnsiString::c_str() を使って内部文字列表現を返します。ストリーム演算子で AnsiString を使用する例を次に示します。

#include <iostream>
#include <system.hpp>
int main() {
  AnsiString HelloStr = "hello";
  std::cout << HelloStr.c_str();
}

メモ: Delphi でも System::AnsiString がサポートされていますが、クラスではなく基本型(プリミティブ型)として実装されています。デフォルトでは、String 型として宣言された変数は、System::AnsiString 変数となります。
 

System::WideString 

operator_Brackets 

= 

== 

!= 

> 

>= 

< 

<= 

operator_Plus 

+= 

Copyright(C) 2008 CodeGear(TM). All Rights Reserved.
このトピックに対する評価をお聞かせください フィードバックを送信