RAD Studio VCL リファレンス
内容インデックス
前へ上へ次へ
TApplication.MainFormOnTaskBar プロパティ

Windows タスクバー ボタンを VCL で扱う方法を制御します。

Pascal
property MainFormOnTaskBar: Boolean;
C++
__property Boolean MainFormOnTaskBar;

MainFormOnTaskBar プロパティは、Windows タスクバー ボタンを VCL で扱う方法を制御します。 

このプロパティが true の場合、タスクバー ボタンはアプリケーションのメイン フォームを表し、そのキャプションが表示されます。false の場合、タスクバー ボタンは、アプリケーションの(非表示の)メイン ウィンドウを表し、アプリケーションのタイトルが表示されます。 

Windows Vista Aero 効果を使用するには、MainFormOnTaskBar が true であることが必要です。効果には、ライブ タスクバー サムネイル、動的ウィンドウ、Windows フリップ、Windows フリップ 3D があります。 

デフォルト動作を変更する必要がある場合は、.dpr ファイルで、Application.Initialize の後ろ、主フォームの作成前に MainFormOnTaskBar を設定します。MainFormOnTaskBar の設定は、アプリケーションの寿命を延ばすことを目的としており、このプロパティを後で実行時に変更すると、予期せぬ動作をする場合があります。 

Delphi 2007 以降で作成されたアプリケーションでは、MainFormOnTaskBar のデフォルトは True です。それより前の製品で作成されたアプリケーションでは、False です。 

このプロパティは、古いアプリケーションにも適用できます。このプロパティに依存するアプリケーションでは、このプロパティが MainForm の Z オーダーに影響を与える点に注意してください。 

既存の VCL アプリケーションを更新するには、プロジェクトの .dpr ファイルの Application.Initialize; の後に、次の行を追加します。

Application.MainFormOnTaskbar := True;

新しいプロジェクトには、この行が自動的に追加されます。 

詳細は、http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/features/experiences/aero.mspx を参照してください。 

 

Copyright(C) 2008 CodeGear(TM). All Rights Reserved.
このトピックに対する評価をお聞かせください フィードバックを送信