RAD Studio VCL リファレンス
内容インデックス
前へ上へ次へ
TDataSet.State プロパティ

データセットの現在の操作モードを示します。

Pascal
property State: TDataSetState;
C++
__property TDataSetState State;

State プロパティを調べると,データセットの現在の操作モードを判定できます。State はデータセット内のデータについてどのような操作(たとえば,既存レコードの編集や新しいレコードの挿入など)を行うことができるかを表します。アプリケーションがデータを処理するのにつれて,データセットの状態は常に変化します。 

データセットを開くと,State は dsInactive から dsBrowse へと変更されます。アプリケーションは Edit を呼び出してデータセットの状態を dsEdit に変えたり,Insert を呼び出してデータセットの状態を dsInsert に変えたりすることができます。データセットが TTable または TClientDataSet オブジェクトの場合は,アプリケーションは SetKey または SetRange を呼び出して,データセットの状態を dsSetKey に変えることができます。 

編集,挿入,削除,変更を登録したり取り消したりすると,State は現在の状態から dsBrowse へと変わります。データセットを閉じると,現在の状態から dsInactive へと変わります。 

dsCalcFields,dsFilter,dsNewValue,dsOldValue,dsCurValue など,一部の状態は,アプリケーションから直接見たり,設定したりすることはできません。これらの状態は,OnCalcFields および OnFilterRecord イベントが発生したとき,またはアプリケーションが特定の項目プロパティにアクセスしたときに自動的に設定されます。 

 

Copyright(C) 2008 CodeGear(TM). All Rights Reserved.
このトピックに対する評価をお聞かせください フィードバックを送信