RAD Studio VCL リファレンス
内容インデックス
前へ上へ次へ
DB ネームスペース

名前空間 DB

名前 
説明 
以下は、このドキュメントに含まれる クラス です。 
以下は、このドキュメントに含まれる インターフェイス です。 
以下は、このドキュメントに含まれる 関数 です。 
以下は、このドキュメントに含まれる 構造体、レコード、列挙型 です。 
以下は、このドキュメントに含まれる タイプ です。 
以下は、このドキュメントに含まれる 変数 です。 
以下は、このドキュメントに含まれる 定数 です。 
 
名前 
説明 
 
データベース アプリケーションのインターフェイス。 
 
ディスプレイ デバイスへのインターフェイス。 
 
IDBSession は,データベースセッション用のインターフェースです。 
 
IProviderSupport は,データセットが使用するインターフェースで,プロバイダがデータセットを表すことができるようにします。 
 
プロバイダが Unicode サポートを使用してデータを表すために使用するインターフェイス データセット。 
 
名前 
説明 
 
EDatabaseError は,データベースエラーに対応する例外クラスです。 
 
EUpdateError は,データセットプロバイダの更新エラーの例外クラスです。 
 
TADTField オブジェクトは,データセット内の ADT(抽象データ型)項目を表します。 
 
TAggregate フィールドは,クライアントデータセットに保持された集計を表します。 
 
TArrayField は,データセット内の配列項目を表します。 
 
TAutoIncField は,データセット内の自動インクリメント項目の静的項目オブジェクトです。 
 
TBCDField は,データセット内の 2 進化 10 進数(BCD)項目を表します。 
 
TBinaryField はデータセット内の型なしバイナリ項目を表します。 
 
TBlobField は,バイナリラージオブジェクト(BLOB)への参照を保持するデータセット内の項目を表します。 
 
TBooleanField は,論理値を含む項目を表します。 
 
TBytesField は,データセット内のバイト項目を表します。 
 
TCheckConstraint は,データセットコンポーネントのレコードレベルの制約を示します。 
 
TCheckConstraints は,データセットコンポーネントのチェック制約のコレクションを格納します。 
 
TCurrencyField は,データセット内の通貨値を含む項目を表します。 
 
TCustomConnection は,データセットをリモートデータソースに接続するためのコンポーネントの基本クラスです。 
 
TDataLink は,データベース対応オブジェクトが TDataSourceTDataSet の動作を対応させたり,データイベントに応答するために使用されるヘルパークラスです。 
 
TDataSet は,行および列のデータを表すすべてのデータセットコンポーネントの基本クラスです。 
 
TDataSetDesigner はデータセットデザイナの基本クラスです。 
 
TDataSetField は,ネストされたデータセットへのアクセスを提供します。 
 
TDataSource は,データセットコンポーネントとフォーム上のデータベース対応コントロールとのインターフェースを提供します。 
 
TDateField は,データセット内の日付型項目を表します。 
 
TDateTimeField は,データセットの日付時刻型項目を表します。 
 
TDefCollection は,定義オブジェクト(TNamedItem)を使用して,項目やインデックスなどのデータベースエンティティを指定します。 
 
TDetailDataLink は,マスター/詳細関係でリンクされるデータセット間の関係を管理するデータリンククラスの上位オブジェクトです。 
 
TField は,すべての項目コンポーネントの共通の上位コンポーネントです。 
 
TFieldDef は,データセットの基底のテーブルのレコードの物理項目に対応する項目定義です。 
 
TFieldDefList は,データセットの項目定義(TFieldDef)オブジェクトを平坦化形式で記述します。 
 
TFieldDefs には,データセットの基底の物理項目を示す項目定義(TFieldDef)オブジェクトが入っています。 
 
TFieldList は,オブジェクト項目の構造を平坦化して,データセットの項目を列挙します。 
 
TFields は,データセットまたはオブジェクト項目(TADTFieldTArrayField など)の基底の物理項目を表す項目(TField)オブジェクトを保持します。 
 
データベース フィールドを列挙します。 
 
TFlatList は,項目または項目定義の平坦化リストを表すオブジェクトの抽象基本クラスです。 
 
TFloatField は浮動小数点値を持つデータセット項目を表します。 
 
TFMTBCDField は,データセット内の 2 進化 10 進数(BCD)項目を表します。 
 
TGraphicField はデータセット内のグラフィック型項目を表します。 
 
TGuidField は,データセットの GUID 項目を表します。 
 
TIDispatchField は,データセットの IDispatch 項目を表します。 
 
TIndexDef は,データベーステーブルのインデックスを記述します。 
 
TIndexDefs には,テーブルで使用できるインデックス定義のリストが保持されます。 
 
TIntegerField は,データセット内の符号付き 32 ビット整数項目を表します。 
 
TInterfaceField は,データセットのインターフェース項目を表します。 
 
TLargeintField は,データセット内の Largeint 項目を表します。 
 
TLookupList は,一組のキー項目値に関連付けられた参照値のリストを保持します。 
 
TMasterDataLink は,データセットがマスター/詳細関係を確立できるようにします。 
 
TMemoField は,データセットのメモ型項目を表します。 
 
TNamedItem は,データセットで使用する定義の基本クラスです。 
 
TNumericField は,データセットのすべての数値型項目に共通の上位コンポーネントです。 
 
TObjectField は,データセット内の TADTFieldTArrayFieldTDataSetField,および TReferenceField コンポーネントに共通の上位コンポーネントです。 
 
TParam は,問い合わせまたはストアドプロシージャの項目パラメータを表します。 
 
TParams は,項目パラメータのリストを管理します。 
 
TReferenceField は,データセット内の REF 項目を表します。 
 
TSmallIntField は,データセット内の符号付き 16 ビット整数型項目を表します。 
 
TSQLTimeStampField は,dbExpress データセット内の日付時刻型項目を表します。 
 
TStringField は,データセット内の文字列項目を表します。 
 
TTimeField は,データセット内の時刻項目を表します。 
 
TVarBytesField は,データセット内の型なし可変長バイナリ項目を表します。 
 
TVariantField は,データセット内のバリアント項目を表します。 
 
Unicode データを行や列で表示するすべてのデータセット コンポーネントの基底クラス。 
 
DB.TWideMemoField クラス 
 
TWideStringField は、データセット内の長い文字列フィールドを表します。 
 
TWordField は,データセット内の符号なし 16 ビット整数を表します。 
名前 
説明 
DB.Largeint 型 
DB.PBookmarkFlag 型 
DB.PLookupListEntry 型 
DB.PPacketAttribute 型 
TBlobByteData は,BLOB(Binary Large Object)項目の内容を格納します。 
DB.TBlobData 型 
TBlobType は BLOB 項目の型を示します。 
TBookmark は,後で参照できるように,データセット内のレコードを特定します。 
TBookmarkStr は,文字列で表されるブックマークです。 
DB.TBufferList 型 
DB.TConnectChangeEvent 型 
DB.TDataChangeEvent 型 
DB.TDataOperation 型 
TDataSetClass は TDataSet の下位クラスのクラス型です。 
DB.TDataSetErrorEvent 型 
DB.TDataSetNotifyEvent 型 
DB.TDateTimeAlias 型 
DB.TDefUpdateMethod 型 
DB.TFieldAttributes 型 
TFieldChars は,項目で有効な文字セットを示します。 
TFieldClass は,TField の下位オブジェクトのクラスの種類です。 
DB.TFieldGetTextEvent 型 
DB.TFieldKinds 型 
DB.TFieldNotifyEvent 型 
DB.TFieldRef 型 
DB.TFieldSetTextEvent 型 
DB.TFilterOptions 型 
DB.TFilterRecordEvent 型 
DB.TGroupPosInds 型 
TIndexOptions は,インデックスの属性を表します。 
TLocateOptions 型は,データセットの Locate メソッドの Options パラメータで使用する値を定義します。 
DB.TParamTypes 型 
DB.TProviderFlags 型 
TResyncMode は,データを再同期させるときにデータセットが実行すべき処理を示すフラグの集合です。 
DB.TSQLCommandType 型 
DB.TUpdateErrorEvent 型 
DB.TUpdateRecordEvent 型 
DB.TUpdateRecordTypes 型 
DB.TUpdateStatusSet 型 
名前 
説明 
DB.DBApplication 変数 
DB.DBScreen 変数 
DB.DefaultFieldClasses 変数 
DB.LoginDialogExProc 変数 
DB.LoginDialogProc 変数 
パスワード保護されているローカルテーブルにアクセスするためのパスワードを入力する,ダイアログボックスを表示します。 
DB.RemoteLoginDialogProc 変数 
DB.ScreenCursorProc 変数 
名前 
説明 
DB.dsEditModes 定数 
DB.dsMaxStringSize 定数 
DB.dsWriteModes 定数 
DB.FieldTypeNames 定数 
DB.FieldTypeVarMap 定数 
DB.ftFixedSizeTypes 定数 
DB.ftNonTextTypes 定数 
DB.ObjectFieldTypes 定数 
DB.RegisterFieldsProc 定数 
 
名前 
説明 
 
TAutoRefreshFlag は,サーバーが項目値を提供するかどうか,また提供する場合はその理由を示します。 
 
TBlobStreamMode は,BLOB ストリームをどのように使用するのかを示します。 
 
DB.TBookmarkFlag 構造体 
 
TDataAction は,アプリケーションがデータベースのエラー状態にどのように応答すべきかを示します。 
 
TDataEvent は,データセットに発生するイベントを特定します。 
 
TDataSetState は,データセットコンポーネントの現在の操作モードを示します。 
 
DB.TDateTimeRec 構造体 
 
DB.TDBScreenCursor 構造体 
 
TFieldAttribute と TFieldAttributes は,項目のさまざまな属性を示します。 
 
TFieldKind は,項目コンポーネントが表す情報のタイプを示します。 
 
TFieldType 型は,テーブル内の項目のデータ型に一致する一連の値です。 
 
TFilterOption および TFilterOptions は,フィルタ文字列を適用する仕様を指定します。 
 
DB.TGetMode 構造体 
 
DB.TGetResult 構造体 
 
TGroupPosInd および TGroupPosInds は,グループ内における現在のレコードの位置を示します。 
 
DB.TIndexOption 構造体 
 
DB.TLocateOption 構造体 
 
DB.TLookupListEntry 構造体 
 
DB.TPacketAttribute 構造体 
 
TParamType および TParamTypes は,問い合わせまたはストアドプロシージャを表すデータセットのパラメータ使用を表します。 
 
TProviderFlag および TProviderFlags は,更新の適用時にプロバイダが項目値をどのように使用するかを示します。 
 
DB.TPSCommandType 構造体 
 
TUpdateAction 型は,イベントハンドラが更新処理を完了した後にデータセットがどのように処理されるかを示します。 
 
TUpdateKind 型は,OnUpdateError および OnUpdateRecord イベントハンドラの UpdateKind パラメータの値を定義します。 
 
TUpdateMode は,更新するレコードを検出する方法を示します。 
 
TUpdateStatus は,レコードの更新状態を示します。 
 
名前 
説明 
 
DB.BuffersEqual 関数 
 
この手続きは,EDatabaseError オブジェクトを作成して例外を生成します。 
 
この手続きは,EDatabaseError のオブジェクトを作成して例外を生成し,フォーマットエラーメッセージを表示します。 
 
DB.DisposeMem 関数 
 
セミコロンで区切られた項目名の文字列内の次の名前を返します。 
 
セミコロンで区切られた項目名の文字列内の次の名前を返します。 
 
データセットおよびデータコントロールの TField オブジェクトを返します。 
 
項目コンポーネントのセットを登録してデータセットデザイナに表示されるようにします。 
 
バリアント型に最も対応する項目型の値を返します。 
Copyright(C) 2008 CodeGear(TM). All Rights Reserved.
このトピックに対する評価をお聞かせください フィードバックを送信