RAD Studio VCL リファレンス
内容インデックス
前へ上へ次へ
AnsiString メンバ

以下は、AnsiString に含まれるメンバーです。

 
名前 
説明 
 
System::AnsiString::TStringFloatFormat 構造体 
 
System::AnsiString::TStringMbcsByteType 構造体 
 
名前 
説明 
 
System::AnsiString::StrRec 構造体 
 
名前 
説明 
 
オーバーロードされた メソッド GetRec です。 
 
AnsiString クラスのメンバー: ThrowIfOutOfRange 
名前 
説明 
friend AnsiString __fastcall operator +(const char*, const AnsiString& rhs) 
 
名前 
説明 
 
AnsiString クラスのメンバー: ~AnsiString 
 
AnsiString とそれ以外の文字列を比較します。大文字と小文字は区別されます。 
 
AnsiStringとそれ以外の文字列を比較します。大文字と小文字は区別されません。 
 
AnsiString 内の最後の文字を指すポインタを返します。 
 
AnsiPos メソッドは,指定された部分文字列の開始位置のインデックスを返します。 
 
オーバーロードされた コンストラクタ AnsiString です。 
 
AnsiString 内の指定された位置にあるバイトの種類を示します。 
 
c_str メソッドは,ヌルで終わる文字配列に変換した AnsiString を返します。 
 
指定された書式文字列と引数の結果を AnsiString の値に追加します。 
 
cat_vprintf メソッドは,指定された書式文字列と引数の結果を AnsiString の末尾に追加します。 
 
指定された書式文字列と引数の結果を AnsiString の末尾に追加します。 
 
通貨変数を文字列に変換します。 
 
通貨変数を指定された形式の文字列に変換します。 
 
data 
System::AnsiString::data メソッドは,基底の文字列データを指すポインタを返します。 
 
指定された数の文字を文字列から削除します。 
 
FloatToStr メソッドは,浮動小数点値の文字列表現を返します。 
 
書式文字列を使って形式化された出力を返します。 
 
System::AnsiString::Format は,AnsiString,書式文字列,および配列引数(args)を使って文字列を書式化します。 
 
FormatFloat メソッドは,format で指定された書式文字列を使って value に指定された浮動小数点値を形式化します。 
 
System::AnsiString::Insert メソッドは,指定された文字列を AnsiString に挿入します。 
 
IntToHex 関数は,数値をその数値の 16 進(基数 16)表現の文字列に変換します。 
 
指定された文字が区切り文字の 1 つである場合に true を返します。 
 
AnsiString が空の場合に true を返します。 
 
IsLeadByte メソッドは,指定されたバイトが最初のバイトの場合,true を返します。 
 
指定された文字が円記号(\)である場合,true を返します。 
 
指定されたバイトが mbTrailByte の場合,true を返します。 
 
区切り文字の 1 つと一致する最後の文字の添字を返します。 
 
AnsiString の長さを返します。 
 
オーバーロードされた メソッド LoadStr です。 
 
指定したモジュールのコンパイル済みリソースから文字列をロードします。 
 
AnsiString を小文字に変換します。 
 
Pos 
指定した部分文字列の先頭のインデックスを返します。 
 
指定された書式文字列と引数を使って AnsiString の値を設定します。 
 
SetLength メソッドは,AnsiString の長さを変更します。 
 
指定された書式文字列と引数を使って AnsiString の値を設定します。 
 
StringOfChar メソッドは指定された文字数の文字列を返します。 
 
AnsiString の内,指定された部分文字列を返します。 
 
文字列を浮動小数点値に変換します。 
 
文字列を整数に変換します。文字列が無効の場合,例外が送出されます。 
 
文字列を整数に変換します。文字列が無効の場合,デフォルト値が返されます。 
 
Trim 
先頭部分の空白,末尾部分の空白,または制御文字のない新しい AnsiString を返します。 
 
先頭の空白または制御文字を除いた新しい AnsiString を返します。 
 
末尾の空白または制御文字を除いた新しい AnsiString を返します。 
 
AnsiString を一意に識別できるようにします。 
 
AnsiString を大文字に変換します。 
 
指定された書式文字列と引数を使って AnsiString の値を設定します。 
 
AnsiString をワイド文字配列に変換します。 
 
WideChar 関数で使用するバッファのサイズを返します。 
 
名前 
説明 
 
!= 
2 つの文字列を比較します。 
 
[] 
オーバーロードされた 演算子 [] です。 
 
+ 
2 つの System::AnsiString::AnsiString 値を連結します。 
 
+= 
AnsiString を追加します。 
 
< 
2 つの文字列を比較します。 
 
<= 
2 つの文字列を比較します。 
 
= 
文字列 rhs を AnsiString に代入します。 
 
== 
AnsiString と指定された文字を比較します。一致した場合,true を返します。 
 
> 
AnsiString クラスのメンバー: > 
 
>= 
AnsiString クラスのメンバー: >= 
Copyright(C) 2008 CodeGear(TM). All Rights Reserved.
このトピックに対する評価をお聞かせください フィードバックを送信