RAD Studio VCL リファレンス
内容インデックス
前へ上へ次へ
TDataSet メンバ

以下は、TDataSet に含まれるメンバーです。

 
名前 
説明 
 
TComponent クラスのメンバー: FComponentStyle 
 
名前 
説明 
 
アプリケーションがコンポーネントのインターフェースを使用するときに呼び出されます。 
 
アプリケーションがコンポーネントのインターフェースを解放するときに呼び出されます。 
 
TDataSet クラスのメンバー: ActivateBuffers 
 
TDataSet クラスのメンバー: AllocRecordBuffer 
 
オブジェクトのプロパティをコピー先のオブジェクトにコピーします。 
 
TDataSet クラスのメンバー: BindFields 
 
TDataSet クラスのメンバー: BlockReadNext 
 
TDataSet クラスのメンバー: BookmarkAvailable 
 
TDataSet クラスのメンバー: CalculateFields 
 
NewName パラメータで渡された文字列に対する Name プロパティを格納するプライベートな内部記憶を設定します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: CheckActive 
 
TDataSet クラスのメンバー: CheckBiDirectional 
 
TDataSet クラスのメンバー: CheckFieldCompatibility 
 
TDataSet クラスのメンバー: CheckInactive 
 
TDataSet クラスのメンバー: ClearBuffers 
 
TDataSet クラスのメンバー: ClearCalcFields 
 
TDataSet クラスのメンバー: CloseBlob 
 
TDataSet クラスのメンバー: CloseCursor 
 
TDataSet クラスのメンバー: CreateFields 
 
TDataSet クラスのメンバー: CreateNestedDataSet 
 
TDataSet クラスのメンバー: DataConvert 
 
TDataSet クラスのメンバー: DataEvent 
 
TDataSet クラスのメンバー: DefChanged 
 
オブジェクトの非 published データをフォームファイルなどのストリームに格納するためのメソッドを指定します。 
 
パブリッシュされていないデータを,敢えて読み書きするためのインターフェースを提供します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: DestroyFields 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoAfterCancel 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoAfterClose 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoAfterDelete 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoAfterEdit 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoAfterInsert 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoAfterOpen 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoAfterPost 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoAfterRefresh 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoAfterScroll 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoBeforeCancel 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoBeforeClose 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoBeforeDelete 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoBeforeEdit 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoBeforeInsert 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoBeforeOpen 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoBeforePost 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoBeforeRefresh 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoBeforeScroll 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoOnCalcFields 
 
TDataSet クラスのメンバー: DoOnNewRecord 
 
TDataSet クラスのメンバー: FieldByNumber 
 
TDataSet クラスのメンバー: FindRecord 
 
TDataSet クラスのメンバー: FreeFieldBuffers 
 
TDataSet クラスのメンバー: FreeRecordBuffer 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetAggRecordCount 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetAggregateValue 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetBookmarkData 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetBookmarkFlag 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetBookmarkStr 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetCalcFields 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetCanModify 
 
ストリームから読み出される子コンポーネントのオーナーを返します。 
 
親を返すか,または親がない場合は,ストリームから読み出される子コンポーネントのオーナーを返します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetChildren 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetDataSource 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetFieldClass 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetFieldFullName 
 
1 つのメンバーと引数名のオプションセットを対応する整数ディスパッチ識別子(dispID)のセットにマッピングします。 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetIndexDefs 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetIsIndexField 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetNextRecord 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetNextRecords 
 
GetOwner メソッドはコンポーネントのオーナーを返します。 
 
オブジェクトのオーナーを返します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetPriorRecord 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetPriorRecords 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetRecNo 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetRecord 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetRecordCount 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetRecordSize 
 
TDataSet クラスのメンバー: GetStateFieldValue 
 
オブジェクトの型情報を取り出します。 
 
オブジェクトが提供する型情報インターフェースの個数(0 または 1)を返します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: InitFieldDefs 
 
TDataSet クラスのメンバー: InitFieldDefsFromFields 
 
TDataSet クラスのメンバー: InitRecord 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalAddRecord 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalCancel 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalClose 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalDelete 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalEdit 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalFirst 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalGotoBookmark 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalHandleException 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalInitFieldDefs 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalInitRecord 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalInsert 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalLast 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalOpen 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalPost 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalRefresh 
 
TDataSet クラスのメンバー: InternalSetToRecord 
 
コンポーネントが Automation オブジェクトをラップするときに Automation オブジェクトのプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: IsCursorOpen 
 
フォームファイルがメモリに読み出された後にコンポーネントを初期化します。 
 
すべての所有コンポーネントにメッセージを通知します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: OpenCursor 
 
TDataSet クラスのメンバー: OpenCursorComplete 
 
TDataSet クラスのメンバー: OpenParentDataSet 
 
コンポーネントがコンポーネントパレットから作成されたときに応答します。 
 
PSStartTransaction メソッドの呼び出しによって開始されたトランザクションを終了します。 
 
データセットに関連付けられた SQL コマンドを実行します。 
 
オーバーロードされた メソッド PSExecuteStatement です。 
 
データパケットに格納された情報を名前/値のペアの形式で返します。 
 
PSExecute で実行される SQL コマンドを取得します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: PSGetCommandTextW 
 
PSExecute で実行されるコマンドのタイプを取得します。 
 
データパケットに含まれるデータに対してデフォルトの順序を適用するインデックスの定義を返します。 
 
データセットに対して定義された指定インデックスの定義を返します。 
 
データパケットのレコードを個別に識別するために必要なすべての項目の名前を返します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: PSGetKeyFieldsW 
 
データセットの現在のパラメータ値を返します。 
 
生成された SQL 文で引用符付き文字列を囲む文字を返します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: PSGetQuoteCharW 
 
生成された SQL 文に表示されるデータセットの名前を返します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: PSGetTableNameW 
 
ほかの例外オブジェクトに基づいて EUpdateError オブジェクトを生成します。 
 
データセットに対するアクションがトランザクションのコンテキストで発生するかどうかを示します。 
 
データセットがネイティブ SQL サポートを含むかどうかを示します。 
 
データセットが SQL 文を実行できるかどうかを示します。 
 
データセットを最初のレコードの位置にリセットします。 
 
オーバーロードされた メソッド PSSetCommandText です。 
 
指定されたパラメータ値をデータセットに割り当てます。 
 
PSEndTransaction メソッドが呼び出されるまでのすべての動作をカプセル化するトランザクションを開始します。 
 
基底のデータベーステーブルまたは複数のテーブルに単一の更新を適用します。 
 
指定されたインターフェースをオブジェクトがサポートしている場合,そのインターフェースへの参照を返します。 
 
TComponent クラスのメンバー: ReadState 
 
TDataSet クラスのメンバー: RefreshInternalCalcFields 
 
TDataSet クラスのメンバー: ResetAggField 
 
TDataSet クラスのメンバー: RestoreState 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetActive 
 
TComponent クラスのメンバー: SetAncestor 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetBlockReadSize 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetBookmarkData 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetBookmarkFlag 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetBookmarkStr 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetBufListSize 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetChildOrder 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetCurrentRecord 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetDataSetField 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetDefaultFields 
 
設計時に挿入されたコンポーネントに設計モードのフラグを設定させます。 
 
設計時に挿入されたコンポーネントに設計モードのフラグを設定させます。 
 
オーバーロードされた メソッド SetFieldData です。 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetFiltered 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetFilterOptions 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetFilterText 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetFound 
 
コンポーネントの ComponentState プロパティの csInline ビットを設定します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetModified 
 
Name プロパティの値を設定します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetObjectView 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetOnFilterRecord 
 
TComponent クラスのメンバー: SetParentComponent 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetRecNo 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetState 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetStateFieldValue 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetTempState 
 
TDataSet クラスのメンバー: SetUniDirectional 
 
TDataSet クラスのメンバー: TempBuffer 
 
TDataSet クラスのメンバー: UpdateBufferCount 
 
コンポーネントの更新が終了したときに,コンポーネントの ComponentState プロパティの csUpdating 状態をクリアします。 
 
TDataSet クラスのメンバー: UpdateIndexDefs 
 
COM インターフェースを実装するコンポーネントに対して,タイプライブラリとバージョン情報をレジストリに追加するメソッドのインターフェースを提供します。 
 
コンポーネントの ComponentState プロパティの csUpdating 状態を設定します。 
 
コンテナオブジェクトにオブジェクトを挿入できるかどうかを決定します。 
 
子コンポーネントの挿入前にそれを検証するメソッドのインターフェースを提供します。 
 
所有コンポーネントの名前を重複しない名前に変更します。 
 
TComponent クラスのメンバー: WriteState 
 
名前 
説明 
 
レコードの内部キャッシュのアクティブレコードのインデックスを示します。 
 
BLOB 項目を表すデータセット内の列数を示します。 
 
ブックマークを表すのに使用されるバイト数を示します。 
 
内部キャッシュにあるレコード数を示します。 
 
内部キャッシュにあるレコードへのインデックスでのアクセスを提供します。 
 
OnCalcFields イベントで使用するレコードバッファを指します。 
 
計算フィールドおよび参照項目の格納専用のレコードバッファのバイト数を示します。 
 
データの編集に伴うレコードレベルの制約を示します。 
 
レコードバッファの内部キャッシュの現在のレコードのインデックスを示します。 
 
Fields プロパティのインデックスを項目の番号に変換するのに必要なオフセットを指定します。 
 
データセットに内部計算フィールドが含まれるかどうを示します。 
 
ネストされたデータセットを作成するときに使用するクラス型を示します。 
 
すべてのネストされたデータセットをリストします。 
 
内部的にのみ使用されます。 
 
名前 
説明 
 
アプリケーションがアクティブレコードの変更を取り消す要求を完了した後に発生します。 
 
アプリケーションがデータセットを閉じた後に発生します。 
 
アプリケーションがレコードを削除した後に発生します。 
 
アプリケーションがレコードの編集を開始した後に発生します。 
 
アプリケーションが新しいレコードを挿入した後に発生します。 
 
アプリケーションがデータセットを開いた後,データセットへのアクセスが起こる前に発生します。 
 
アプリケーションがアクティブレコードをデータベースまたは変更ログに書き込み,ブラウズ状態に戻った後に発生します。 
 
アプリケーションがデータセットのデータを更新した後に発生します。 
 
アプリケーションがあるレコードから別のレコードにスクロールした後に発生します。 
 
アクティブレコードの変更を取り消す要求をアプリケーションが実行する前に発生します。 
 
データセットが閉じる直前に発生します。 
 
アプリケーションがアクティブレコードを削除しようとする前に発生します。 
 
アプリケーションがアクティブレコードに対して編集モードに入る前に発生します。 
 
アプリケーションが挿入モードに入る前に発生します。 
 
アプリケーションがデータセットを開く要求を実行する前に発生します。 
 
アプリケーションがアクティブレコードの変更をデータベースまたは変更ログに登録する前に発生します。 
 
アプリケーションがデータセットのデータを更新する直前に発生します。 
 
アプリケーションがあるレコードから別のレコードへスクロールする前に発生します。 
 
アプリケーションが計算フィールドを再計算したときに発生します。 
 
アプリケーションがレコードを削除しようとして例外が生成されたときに発生します。 
 
アプリケーションがレコードを変更または挿入しようとして,例外が生成されたときに発生します。 
 
フィルタ処理が有効な場合に,データセット内のアクティブレコードがかわるたびに発生します。 
 
アプリケーションがデータセットに新しいレコードを挿入または追加したときに発生します。 
 
アプリケーションがレコードを変更または挿入しようとして,例外が生成されたときに発生します。 
 
名前 
説明 
 
このインターフェースの参照カウントをインクリメントします。 
 
このインターフェースの参照カウントをデクリメントします。 
 
アクティブレコード用のバッファへのポインタを返します。 
 
最後のコンストラクタが実行された後で応答します。 
 
データセットの最後に新しい空のレコードを追加します。 
 
データセットの最後に値の入った新しいレコードを追加し,それを登録します。 
 
ほかの類似オブジェクトの内容をコピーします。 
 
最初のデストラクタが呼び出される前に必要なアクションを実行します。 
 
最初のデストラクタが実行される前に応答します。 
 
指定したブックマークの妥当性を検査する仮想関数を実装します。 
 
Cancel は,アクティブレコードに対する変更がまだ登録されていない場合,その変更を取り消します。 
 
アクティブレコードが変わるときに,データ変更を自動的に登録するかまたは取り消します。 
 
オブジェクト型の実行時型情報(RTTI)テーブルを指すポインタを返します。 
 
引数で渡される変数の型ではなくオブジェクトインスタンスの型を示す文字列を返します。 
 
オブジェクトが指定の型かどうかを示します。 
 
1 つ上位のクラスの型を返します。 
 
オブジェクトのクラスへのクラス参照を返します。 
 
クラス内の長い文字列とバリアントとインターフェース変数に対する終了処理を実行します。 
 
アクティブレコードのすべての項目の内容を消去します。 
 
Close は,データセットを閉じます。 
 
2 つのブックマークを比較する仮想関数です。 
 
データベース対応コントロールが表示を更新してデータセットの変更が反映されるかどうかを表します。 
 
TDataSet クラスのメンバー: CopyFields 
 
Create は,TDataSet コンポーネントのインスタンスを作成します。 
 
データセット内の BLOB フィールドに BLOB ストリームを作成するメソッドにインターフェースを提供します。 
 
内部カーソルの位置を有効なものとしてマーキングします。 
 
メッセージレコードを処理するメソッドのインターフェースを提供します。 
 
Delete は,アクティブレコードを削除し,データセットを次のレコードに移動します。 
 
Destroy は,TDataSet インスタンスを破棄します。 
 
すべての所有コンポーネントを削除します。 
 
コンポーネントおよびその所有コンポーネントが破棄されることを示します。 
 
データセットに関連付けられているデータベース対応コントロール内でのデータ表示を無効にします。 
 
Message パラメータの内容に基づいてオブジェクトのメッセージ処理メソッドを呼び出します。 
 
Edit 
データセット内のデータを編集できるようにします。 
 
データセットに関連付けられているデータベース対応コントロール内でのデータ表示を有効にします。 
 
TComponent クラスのメンバー: ExecuteAction 
 
パブリッシュオブジェクト項目のアドレスを返します。 
 
項目名に基づいて項目を検索します。 
 
指定したコンポーネントが別のコンポーネントによって所有されているかどうかを示します。 
 
データセット内で指定した項目を検索します。 
 
データセットをフィルタ処理後の最初のレコードに移動します。 
 
データセットをフィルタ処理後の最後のレコードにカーソルを移動します。 
 
データセットをフィルタ処理後の次のレコードに移動します。 
 
データセットをフィルタ処理後の前のレコードに移動します。 
 
データセット内の最初のレコードに移動します。 
 
Free 
オブジェクトを破棄し,必要ならば関連付けられているメモリを解放します。 
 
指定したブックマークに割り当てられているリソースを解放します。 
 
System::TObject::NewInstance メソッドの前回の呼び出しによって割り当てられたメモリを解除します。 
 
コンポーネントが破棄されることを AComponent に通知します。 
 
COM クラスから作成されたコンポーネントのインターフェース参照を解放します。 
 
BLOB データをバッファに読み込みます。 
 
データセット内のアクティブレコードにブックマークを割り当てます。 
 
実装クラスに関連付けられたコンポーネントへの参照を返します。 
 
現在のレコードをバッファに取り出す仮想関数です。 
 
ネストされたデータセットフィールドのすべての詳細データセットのデータセットでリストを満たします。 
 
このデータセットをマスターデータセットの詳細データセットとしてリンクする項目コンポーネントをリストするメソッドを導入します。 
 
TComponent の列挙子を返します。 
 
オーバーロードされた メソッド GetFieldData です。 
 
指定した項目オブジェクトの集合をリストに取り出します。 
 
オーバーロードされた メソッド GetFieldNames です。 
 
指定したインターフェースを取り出します。 
 
クラス内で実現された特定のインターフェースのエントリを返します。 
 
指定したクラスで実装されているすべてのインターフェースが入った構造体のポインタを返します。 
 
オブジェクトインスペクタによって使用される文字列を返します。 
 
オブジェクトインスペクタに表示されるオブジェクト名を返します。 
 
コンテナ コンポーネントを返します。 
 
指定したブックマークが示すレコードにデータセットを移動します。 
 
TComponent クラスのメンバー: HasParent 
 
2 つのオブジェクト型の関係を調べます。 
 
新しく割り当てられたオブジェクトインスタンスをすべて 0 に初期化し,インスタンスの仮想メソッドテーブルポインタを初期化します。 
 
Insert は,新しい空のレコードをデータセットに挿入します。 
 
コンポーネントを指定したコンポーネントのオーナーにします。 
 
データセットに値の入った新しいレコードを挿入し,それを変更ログに登録します。 
 
オブジェクト型の各インスタンスのサイズをバイト数で返します。 
 
データセットにレコードが入っていないかどうかを示します。 
 
IsImplementorOf は,コンポーネントが指定したインターフェースを実装するかどうかを示します。 
 
データセットが指定したデータソースにリンクされているかどうかを示します。 
 
基底データベーステーブルがレコード番号を使ってレコードの順序を示すかどうかを示します。 
 
Last 
データセット内の最後のレコードに移動します。 
 
指定したレコードをデータセット内で検索し,そのレコードをアクティブレコードにする仮想メソッドです。 
 
指定した検索値に一致するレコードから項目値を取り出す仮想メソッドです。 
 
TObject クラスのメンバー: MethodAddress 
 
TObject クラスのメンバー: MethodName 
 
データセット内のアクティブレコードに相対する別のレコードに移動します。 
 
オブジェクト型のインスタンスにメモリを割り当て,その新しいインスタンスを指すポインタを返します。 
 
Next 
データセット内の次のレコードに移動します。 
 
Open 
Open は,データセットを開きます。 
 
Post 
変更されたレコードをデータベースまたは変更ログに書き込む仮想メソッドです。 
 
データセット内の前のレコードに移動します。 
 
指定されたインターフェースをオブジェクトがサポートしている場合,そのインターフェースへの参照を返します。 
 
指定したインターフェースの実装オブジェクトが破棄された場合に,当該コンポーネントに通知する内部リンクを確立または削除します。 
 
データセットのデータの表示を更新するためにデータベースからデータを再度取得します。 
 
指定したコンポーネントをコンポーネントの Components リストから削除します。 
 
FreeNotification で有効にされた破棄通知を無効にします。 
 
アクティブレコードとその前後のレコードを再読み出します。 
 
safecall 呼び出し規約を使って宣言されたメソッド内での例外を処理します。 
 
safecall 呼び出し規約を使って宣言されたメソッド内での例外を処理します。 
 
レコード内のいくつかの項目に値を設定します。 
 
コンポーネントが下位コンポーネントかどうかを示します。 
 
データ文字列を転送元から転送先へコピーする仮想手続きです。必要ならば,コピー中に文字の変換を実行します。 
 
TComponent クラスのメンバー: UpdateAction 
 
カーソルをアクティブレコードに移動します。 
 
データベース対応コントロールおよび詳細データセットがレコードの更新を確実に反映するようにします。 
 
アクティブレコードの更新ステータスを報告します。 
 
名前 
説明 
 
データセットが開いているかどうかを示します。 
 
あらゆる集計項目を格納します。 
 
OnCalcFields イベントの発生および参照フィールド値の計算を制御します。 
 
各ブロックに読み出すレコードバッファ数を決定します。 
 
Bof 
データセットの最初のレコードがアクティブかどうかを示します。 
 
データセット内の現在のブックマークを示します。 
 
データセットの基になるデータベースがデータの書き込みアクセスを許可するかどうかを示します。 
 
コンポーネントが実装するインターフェース参照を指定します。 
 
そのコンポーネントが所有しているコンポーネントの数を示します。 
 
オーナーの Components プロパティ配列におけるコンポーネントの位置を示します。 
 
そのコンポーネントが所有しているすべてのコンポーネントのリストを表示します。 
 
コンポーネントの現在の状態を検知して,コンポーネントで特定のアクションを実行してはならない場合を示します。 
 
コンポーネントの動作を決定します。 
 
ネストされたデータセットを所有する持続的 TDataSetField オブジェクトを示します。 
 
データセットに値を供給する別のデータセットのデータソースを示します。 
 
データセットが開かれたときにデータセットの基底の項目コンポーネントが動的に生成されるかどうかを示します。 
 
データセットに設定されている Dataset デザイナのポインタを返します。 
 
フォームデザイナで使用する情報を保持します。 
 
Eof 
カーソルがデータセットの最後のレコードにあるかどうかを示します。 
 
データセットに関連付けられている項目コンポーネントの数を示します。 
 
データセットの項目定義のリストを指します。 
 
データセットの項目定義のリストを指します。 
 
データセットの項目コンポーネントをリストします。 
 
データセットのすべての非集計項目コンポーネントをリストします。 
 
データセットのアクティブレコードにおけるすべての項目値へのアクセスを提供します。 
 
データセットの現在のフィルタのテキストを指定します。 
 
フィルタ処理がデータセットに対してアクティブかどうかを指定します。 
 
フィルタ処理で,大文字と小文字の違いを区別するかどうか,および,レコードをフィルタ処理する際に部分的な比較を行えるようにするかどうかを指定します。 
 
別のレコードへの移動が成功したかを示します。 
 
データセットが単方向かどうかを示します。 
 
アクティブレコードが変更されているかどうかを示します。 
 
Fields プロパティで項目が階層的に格納されるか,フラットに格納されるかを指定します。 
 
コンポーネントをストリーム化および解放する権限を持つコンポーネントを示します。 
 
データセット内のアクティブレコードを示します。 
 
データセットに関連付けられているレコードの総数を示します。 
 
データセット内のレコードサイズを示します。 
 
配列項目の要素ごとにユニークな TField オブジェクトが作成されるかどうかを決めます。 
 
データセットの現在の操作モードを示します。 
 
COM をサポートしているコンポーネントによって内部的に使用される情報を表します。 
 
名前 
説明 
 
Name 
コードでコンポーネントを参照するときの名前を指定します。 
 
Tag 
整数値をコンポーネントの一部として格納します。 
Copyright(C) 2008 CodeGear(TM). All Rights Reserved.
このトピックに対する評価をお聞かせください フィードバックを送信